ザ・雅楽 優美なる古典の調べ
HOME
雅楽の解説
雅楽とは
雅楽の種類
雅楽の拍子と調子
雅楽の楽器
雅楽の豆知識
宮城野雅楽会
BBS
メンテナンス中
管理者プロフィール
準備中
リンク
雅楽の種類
管絃 | 舞楽 | 歌曲 | 国風歌舞
 歌 曲 かきょく

 管絃や舞楽は外来音楽が起源ですが、「催馬楽(さいばら)」・「朗詠(ろうえい)」などの歌曲は平安時代に日本で作られた流行歌です。

 「催馬楽」は各地の民謡や和歌を雅楽風に編曲したもので、平安時代中期に流行しました。句頭(くとう)と呼ばれる第一歌手の独唱から始まり、笏拍子(しゃくびょうし)を打ちながら拍子をとり、付所(つけどころ)と呼ばれる部分から他の歌手が斉唱します。斉唱と同時に笙・篳篥・龍笛・琵琶・箏が入りますが、笙は管絃のときのように和音を奏するのではなく、1音または2音で旋律を奏します(一本吹き)。  

 「朗詠」は郢曲(えいきょく)とも呼ばれ、漢詩に曲を付けて雅楽風に編曲したものです。催馬楽が馬子歌など地方の民謡から起こったのに対し、朗詠は教養のある上流貴族から始まったと言われています。朗詠は漢詩を3つの部分に分け、それぞれの句の初めを独唱し、付所から全員で斉唱します。楽器編成は笙・篳篥・龍笛の3管だけですが、笙は催馬楽と同じく一本吹きで演奏します。

前のページへ 次のページへ ページ上部へ
管絃 | 舞楽 | 歌曲 | 国風歌舞
当サイト内の画像・文章の無断転載はお断りいたします。
Japanese only. All rights reserved. Copyright(C)2014 ザ・雅楽.