ザ・雅楽 優美なる古典の調べ
HOME
雅楽の解説
雅楽とは
雅楽の種類
雅楽の拍子と調子
雅楽の楽器
雅楽の豆知識
宮城野雅楽会
BBS
メンテナンス中
管理者プロフィール
準備中
リンク
雅楽の種類
管絃 | 舞楽 | 歌曲 | 国風歌舞
 管 絃 かんげん

 「管絃」とは、管楽器と絃楽器による合奏のことで、雅楽の中でも外来音楽を起源とするものに含まれます。
外来音楽には、中国・ベトナム・インド・ペルシャなどの音楽を起源とする「唐楽(とうがく)」、朝鮮・渤海の音楽を起源とする「高麗楽(こまがく)」の2種類があります。
この内、唐楽には合奏曲である「管絃」と舞の伴奏曲である「舞楽」の両方がありますが、高麗楽には「管絃」はなく「舞楽」のみになります。

【 管絃の編成 】
 一般的な管絃の編成は笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)の管楽器が各3人、琵琶(びわ)・箏(こと)の絃楽器が各2人、鉦鼓(しょうこ)・鞨鼓(かっこ)・太鼓(たいこ)の打楽器が各1人の計16人編成です。
  雅楽の管絃では指揮者の代わりに、鞨鼓の奏者が曲全体の流れやテンポを統率する役割をします。そのため、経験豊富なベテラン奏者が鞨鼓を担当することが多いようです。
また管楽器と絃楽器にはそれぞれ主奏者が決められており、管楽器の主奏者を音頭(おんど)、絃楽器の主奏者を面琵琶(おもびわ)・面箏(おもごと)と呼びます。

 舞 楽 ぶがく

 楽器のみの合奏である「管絃」に対して、舞を伴うものを「舞楽」と呼びます。
「舞楽」には唐楽と高麗楽の2種類があり、唐楽による「舞楽」を左方(さほう)、高麗楽による「舞楽」を右方(うほう)と呼びます。また舞そのものをそれぞれ左舞(さまい)・右舞(うまい)と呼んだりもします。
  舞楽は管弦に比べてリズミカルに演奏されるものが多く、管絃と同じ曲でも舞楽の場合には拍子が違うことがあります。

【 舞楽の編成 】
 管絃と違い、舞楽では絃楽器は使用されません。
左方の場合には管絃と同じく笙・篳篥・龍笛・鉦鼓・鞨鼓・太鼓で演奏されますが、右方の場合には篳篥・高麗笛(こまぶえ)・鉦鼓・三ノ鼓(さんのつづみ)・太鼓という違った楽器構成で演奏されます(一部の舞楽では左方の編成で演奏するものもあります)。

前のページへ 次のページへ ページ上部へ
管絃 | 舞楽 | 歌曲 | 国風歌舞
当サイト内の画像・文章の無断転載はお断りいたします。
Japanese only. All rights reserved. Copyright(C)2014 ザ・雅楽.