ザ・雅楽 優美なる古典の調べ
HOME
雅楽の解説
雅楽の楽器
管楽器
打楽器
絃楽器
雅楽の豆知識
宮城野雅楽会
BBS
メンテナンス中
管理者プロフィール
準備中
リンク
管楽器

管楽器とは、雅楽の中で旋律を担う楽器です。
吹き物(ふきもの)とも呼ばれます。

  • 笙(しょう)…古くは笙笛と称し、その形より鳳笙(ほうしょう)とも言われております。十七本の竹管が輪の形に並べられた姿が特徴的です。演奏時には火鉢を脇に置き、炭火であぶることにより、楽器の内部を乾燥させないと鳴りが悪くなってしまいます。主に和音をかなでて、音楽に厚みを持たせます。
     
  • 篳篥(ひちりき)…表面に七つの穴、裏面に二つの穴のある管に、葦(あし)で作った舌(ダブルリード)を押し込んで吹く縦笛です。演奏時にはお茶が脇に置かれます。これは乾燥によって閉じてしまったリードを暖め、水分を入れることによって開かせるために使います。雅楽の主旋律楽器として用いられます。
  • 龍笛(りゅうてき)…横笛(おうてき)とも呼ばれる竹製の横笛です。旋律楽器で、音取などを吹く普通の演奏では、龍笛の音頭(主奏音)の独奏で開始されます。
笙 篳篥
笙(しょう) 篳篥(ひちりき)
龍笛
龍笛(りゅうてき)
次のページへ ページ上部へ
当サイト内の画像・文章の無断転載はお断りいたします。
Japanese only. All rights reserved. Copyright(C)2014 ザ・雅楽.