ザ・雅楽 優美なる古典の調べ
HOME
雅楽の解説
雅楽の楽器
管楽器
打楽器
絃楽器
雅楽の豆知識
宮城野雅楽会
BBS
メンテナンス中
管理者プロフィール
準備中
リンク
絃楽器

絃楽器は、主にリズムを刻む担当です。
弾き物(ひきもの)とも呼ばれます。

  • 筝(そう)…生田流や山田流などで用いられる俗筝に対して、雅楽では楽筝(がくそう)と呼ばれる物を使います。この両者は大まかな構造はよく似ていますが、付属の柱(フレット)や爪に違いがあります。演奏は管楽器の旋律に沿って決めたれたアルペジオ(分散和音)的な音型を奏し、拍節を強調するような奏法を行います。
     
  • 琵琶(びわ)…中国より伝えられる。総長約百センチ。木製。甲には紫檀 花梨 桑などの硬い木が選ばれ、表にはやわらかな塩地や桐を用いるなど様々な樹種の材を使い分けている。四弦 四柱。ばちは一般には黄楊(つげ)製だがげっこうや水牛角製のものもある。
筝(そう) 琵琶(びわ)
筝(そう) 琵琶(びわ)
前のページへ ページ上部へ
当サイト内の画像・文章の無断転載はお断りいたします。
Japanese only. All rights reserved. Copyright(C)2014 ザ・雅楽.