ザ・雅楽 優美なる古典の調べ
HOME
雅楽の解説
雅楽の楽器
管楽器
打楽器
絃楽器
雅楽の豆知識
宮城野雅楽会
BBS
メンテナンス中
管理者プロフィール
準備中
リンク
打楽器

打楽器は、演奏時の指揮者的役割を担います。
打ち物(うちもの)とも呼ばれます。

  • 鞨鼓(かっこ)…筒状の胴の両面に皮膜を当てて小型の太鼓です。台に載せ木製の桴(ばち)で両面を打ちます。演奏のテンポを決定する楽器として、合奏のリーダーの役割を果たします。
     
  • 太鼓(たいこ)…雅楽で用いられる太鼓には、大太鼓(だだいこ)荷太鼓(にだいこ)釣太鼓(つりだいこ)の三種類があります。大太鼓は野外の舞楽に、荷太鼓は野外の道行の時に、釣太鼓は室内の管絃に用います。
  • 鉦鼓(しょうこ)…木製の枠に吊るされた金属のお皿をした面を、二本の桴(ばち)で少しずらすようにして打ちます。通常太鼓に付随して打たれることが多く、太鼓に僅か遅れて打たれます。
鞨鼓(かっこ) 太鼓(たいこ) 鉦鼓(しょうこ
鞨鼓(かっこ) 太鼓(たいこ) 鉦鼓(しょうこ)
前のページへ 次のページへ ページ上部へ
当サイト内の画像・文章の無断転載はお断りいたします。
Japanese only. All rights reserved. Copyright(C)2014 ザ・雅楽.