ザ・雅楽 優美なる古典の調べ
HOME
雅楽の解説
雅楽の楽器
雅楽の豆知識
雅楽に由来する言葉
宮城野雅楽会
BBS
メンテナンス中
管理者プロフィール
準備中
リンク
雅楽に由来する言葉
 私たちが日常的に使っている言葉の中に、雅楽に由来するものがたくさんあります。
ここでご紹介しているのは、その中のほんの一部です。
ご興味を持たれた方は是非ご自身で調べてみてください。雅楽がもっと身近に感じられるのではないでしょうか・・・?
 千秋楽  
 相撲や演劇の最終日のことを「千秋楽」といいますが、これは雅楽の曲(唐楽、管絃曲)の名前が由来です。1144年に日本で作曲された曲で、仏教の法要の最後に千秋楽が奏されましたが、そこから相撲などの興行の最終日を千秋楽と云うようになりました。
 二の舞 
 前の人と同じような失敗をした時に「…の二の舞」「二の舞を踏む」といいます。これは雅楽の中の「安摩・二の舞」という舞楽が由来となっています。「安摩」という舞に続いて「二の舞」が舞われるものですが、前に舞った「安摩」のまねをして舞おうとするのに上手く舞えないことから、この言葉が使われるようになりました。
 あんばい 
 ちょうど良い具合であることを「あんばいがよい」などといいます。漢字では「塩梅」と書かれますが、雅楽でも篳篥の奏法の一つに「塩梅(えんばい)」というのがあります。指の押さえ方を変えずに、吹き方の加減で音の高さを変えて吹く奏法で、雅楽の旋律を特徴づける方法です。篳篥でこの塩梅が上手くいくととても良い演奏となることから、気持ちの良い事を「あんばいが良い」と言うようになったとも言われています。
  やたら  
  「やたら」とは、現在でも「むやみに」とか「みだりに」と言う意味で使われている言葉ですが、舞楽演奏の時には「八多良拍子」という早いリズムで演奏し、太鼓を頻繁に打つことから、言葉の元になっていると言われております。
  こつ  
こつをつかむの「こつ(乞)」とは、笙の竹の名前から来ております。笙は17本の竹が並べてあり、その中に乞(こつ)と言う名前の竹があります。その乞を押さえるのが難しいとされております。
  ページ上部へ
当サイト内の画像・文章の無断転載はお断りいたします。
Japanese only. All rights reserved. Copyright(C)2014 ザ・雅楽.